網膜スキャン(AI)でアルツハイマー診断


AI画像解析で早期診断が可能に

 

[無料写真] 虹彩認識

 

ノースカロライナ州ダーラムのデューク大学の研究者は、アルツハイマー病患者の網膜とMCI患者の網膜、そして健康な人の網膜を比較した結果、アルツハイマー病患者は特有の網膜血管の損失を持っていることを発見しました。アルツハイマーの早期診断が可能となったのです。脳スキャンでアルツハイマー病が検出された時は、治療可能な段階をはるかに超えているときが多く、だからこそ早期診断可能なこの方法が、アルツハイマー病の早期診断と早期治療を可能にし、治療成績をあげることが期待されます。AIの画像診断は医療の進歩に大きな影響を与えていますね。


  お問い合わせ  - お気軽にお問い合わせください - 

  • 株式会社 パブリックリレーションズ
  • 〒064-0807
  • 北海道札幌市中央区南7条西1丁目13番地 弘安ビル5階
メールでのお問い合わせはこちら

  • この記事をシェアする