【Docker】MacでDocker Desktop for MacとDockerComposeのインストール


はじめに

以前MacでのLaravelの開発環境構築を説明していましたが、システム開発においては同じプロジェクトの他メンバーにも同じ環境を構築したい時があります。その場合、Dockerでコンテナイメージを作成しておけば、仮想環境の配布が可能となるため、環境構築の時間が短縮されます。

今回は「Docker Desktop for MacDockerComposeのインストール」までを実践してみようと思います。

※WindowsでのDocker関連の記事はこちらから連載しています。コンテナの説明等も記載しているので合わせてご確認ください。

 

①Docker Desktop for Macのインストール

こちらのURLからダウンロードします。

 

ダウンロード後、インストールします。(drag and dropでApplicationsに追加)

インストールが完了したらバージョンを確認します。ターミナルを起動しコマンドを実行します。

docker -v

バージョンが表示されました。

Docker version 19.03.13, build 4484c46d9d

 

以上で「Docker Desktop for Mac」のインストールは完了です。続いて、「DockerCompose」のインストールを行います。

 

②DockerComposeのインストール

ターミナルを起動してコマンドを実行します。今回はバージョン1.27.4を指定しています。

sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.27.4/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o /usr/local/bin/docker-compose

 

実行権限を付与します。

sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

 

バージョンを確認します。

docker-compose -v

バージョンが表示されました。

docker-compose version 1.27.4, build 40524192

 

以上で「DockerCompose」のインストール完了です。

 

先ほどインストールした「Docker Desktop for Mac」を実行してみます。まだコンテナがないので、こちらの画面が表示されました。赤枠のコマンドをターミナルで実行してみます。

こちらのコマンドを実行します。

docker run -d -p 80:80 docker/getting-started

 

コンテナイメージが追加されました。

 

ブラウザで「localhost」を指定して実行してみます。

Tutorialページが表示されました。今回はここまでです。

 

Docker Desktop for Mac」では管理しているコンテナのサービス起動、停止を画面上で操作が可能なので、ターミナルでコマンド実行するよりもコンテナを管理しやすいです。

 

今後、「Docker Desktop for Mac」での「コンテナ管理方法」、「コンテナの作成」、「LAMP環境の構築」を行ってみようと思います。

 

 

 

  お問い合わせ  - お気軽にお問い合わせください - 

  • 株式会社 パブリックリレーションズ
  • 〒064-0807
  • 北海道札幌市中央区南7条西1丁目13番地 弘安ビル5階
メールでのお問い合わせはこちら

  • この記事をシェアする