色のない緑の考えが猛烈に眠る


――2052年4月にイングランドでインフルエンザが大流行した結果、人々は可能な限り外出を控え、商業地域へ人が詰めかけるようなことがなくなり、バーチャル空間の安全さと利便性を理解した。
これは「色のない緑」というSF作品の時代背景である。
「色のない緑」は2019年に発表された作品だが、まるで、新型コロナウイルス流行が続く「今」の時代を描いたようである。


「色のない緑」の世界は、感染症流行により生活様式が変容した世界であり、人工知能が発展し強力になった世界でもある。

この作品の語り手であるジュディは翻訳家の「ような」仕事をしている。
翻訳と言っても、例えば英語を日本語にするのではなく、ぎこちなさの残る機械翻訳された文章に脚色を付けるというものだ。

実際、ネット翻訳は十数年前と比べて格段に精度が上がっている。
短文ですら違和感のある翻訳になり、長文だと誤訳も珍しく無かった以前のネット翻訳と比べ、今では短文ならほぼ完璧に訳され、長文でもやや流暢さに欠ける程度で誤訳も減った。
「翻訳家」という仕事内容が、ジュディの仕事のような内容を指すようになるまで、さほど時間はかからないかもしれない。


ジュディは計算は苦手だが言語能力には長けている根っからの文系であり、今の仕事そのものが無くなるのではないかという恐怖や理系の人間への劣等感を抱いている。
私が小学生から中学生になる頃には既に「近い将来、技術が進歩して人間の仕事が減る」と言われていて、自分自身も超のつく文系なので、ジュディの感覚はよく理解できる。

技術進歩が目覚ましい昨今、確かに既に、同じ名前でも内容が変わった仕事は存在している。
きっと、より、さらに技術は進歩し、様々な様式も変容していくだろう。
今、意味のない、もしかしたら存在すらしていない者が、すこぶる意味のあるものになることだってあるだろう。
それに適応できる人や物もあれば、だが確実に、淘汰される人や物もあるはずだ。


少しでも適応できるように、できる限り淘汰されないように、多くのものにアンテナを張り、触手を伸ばしていきたいものである。

 

 

陸秋槎 作、稲村文吾 訳。『アステリズムに花束を』(早川書房、2019年)収録。

  お問い合わせ  - お気軽にお問い合わせください - 

  • 株式会社 パブリックリレーションズ
  • 〒064-0807
  • 北海道札幌市中央区南7条西1丁目13番地 弘安ビル5階
メールでのお問い合わせはこちら

  • この記事をシェアする