農業IoT  センサーによる圃場 センシング


センサーとクラウドを利用して圃場環境の見える化

ソーラー発電によって動作するセンサーを使う事で、
電源を使わずに圃場の「温度、湿度、土壌温度、土壌湿度、照度など様々な情報」を測ることが出来ます。


ソーラー送信機              




温度・湿度センサー

       




定点カメラを利用すると圃場の様子を画像で確認が出来ます。


定点カメラ


センサーで取得したデータはAWSを利用する事でどこからでも確認ができます。



※データ表示画面イメージ



IoTシステムの構成例


小樽の圃場にて1か月間センシングした際の通信量は以下のとおりでした。

・圃場:小樽  ・センシング期間 9/1~9/30

・センサー:照度センサー、温度湿度センサー、土中温度センサー、土壌水分センサー

・データ送信間隔:1分  ・SORACOM Air(通信料):約216円+基本料300円


定点カメラ

・データ送信間隔:1時間  ・画像サイズ:800×600

・SORACOM Air(通信料):約123円+基本料300円

 

(注)データは参考値としてご覧ください。通信量に関しては1日の料金をもとに算出しています。

 

 


  お問い合わせ  - お気軽にお問い合わせください - 

  • 株式会社 パブリックリレーションズ
  • 〒064-0807
  • 北海道札幌市中央区南7条西1丁目13番地 弘安ビル5階
メールでのお問い合わせはこちら

  • この記事をシェアする