働き方改革|業務効率改善(遅刻編)②


働き方改革、生産性向上って言うけれどいったい何から始めれば良いの?

勤怠管理システムを使って、打刻ミス・マネジメント・給与処理の負担を軽減!

 

朝急いで出社をしてタイムカードを手に取ったら別の人のタイムカードだった!
うっかり記入漏れがあった、と経理から確認をされても1か月前のことだから
記憶が曖昧・・・そんな経験、ありませんか?

 

管理をする側も、月の最後に書類が提出されて初めて、部下の残業時間が多くなっていることが分かったり、
勤務表に抜けがあった際の確認が大変だったりすること、ありますよね?

 

タイムカードを取り違えることもなく、簡単に打刻が出来ればいいのに・・・
社員の勤務状況の管理も、リアルタイムわかるといいのに・・・。

 

 

実はそれ、できます。
それがこちら、勤怠管理システム!!!

打刻方法は簡単、専用のICカードをタブレットにかざすだけ。
ICカードの代わりに専用のIDをタブレットに直接入力して出退勤の処理を行うこともできるので、
他の人のタイムカードを取り違えてしまう、なんてことはありません!



また、出退勤の入力情報や、遅刻・早退・有給休暇の状況把握なども
リアルタイムで行うことが出来ます。

もちろん残業時間も日々確認することができるため、
実際に部下に長時間残業をさせてしまう前に、もっと早く本人に注意を促したり、
作業分担などを変更を行う、というような働きかけも可能になりますね♪

 

手書きで出勤簿をいちいち記入するのが面倒、遅刻ギリギリで別の人のタイムカードに打刻をしてしまう、
月に一度のタイミングでしかわからないので、給与計算や部下のマネジメントを行うのが大変・・・
その悩み、一気に解決しませんか?


  お問い合わせ  - お気軽にお問い合わせください - 

  • 株式会社 パブリックリレーションズ
  • 〒064-0807
  • 北海道札幌市中央区南7条西1丁目13番地 弘安ビル5階
メールでのお問い合わせはこちら

  • この記事をシェアする